読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木星をバスケットボールとしたときの星の大きさ

宇宙少年の息子のために、ボールやビー玉で太陽系を作ってあげた。そのときにいろいろ計算した結果を、捨てるのも何なので日記に書いておく。

 

まず太陽系の恒星と惑星。木星の直系を24cm(大人用のバスケットボールくらい)に合わせると、地球と火星がビー玉、天王星と海王星がテニスボールくらい、土星が子供用のサッカーボールくらいだった。水星は小さいビー玉で、太陽の直径が部屋の床から天井までくらい。

距離感も再現しようとしたのだが、下記のとおりたとえボール大まで縮小しても、100km~1000kmレベルで離れてしまうので無理だった。宇宙ってかなりスカスカなんだな・・・。

f:id:yambe2002:20151108092007p:plain

※息子情報によると、土星はでかいくせに水に浮くらしい 

 

これが準惑星の結果。どれもゴマ粒である。そのくせに距離はものすごい。こうみると、冥王星を惑星カテゴリに入れるのは無理があるのが良くわかる。

f:id:yambe2002:20151108092214p:plain

 

小惑星、彗星と、衛星もやってみた。ゴマ粒~顕微鏡レベル。距離は面倒くさくなったので省略。

f:id:yambe2002:20151108092348p:plain

 ※小惑星と彗星の直系はかなり概算(球体でないので)

 

息子にせがまれて、銀河や宇宙の大きさも無理やりkmであらわしてみた。いずれも推計が諸説あるようなので、そのなかから適当に取り出した数値である。

f:id:yambe2002:20151108093202p:plain

 

ここまでくると、木星をバスケットボール大で表そうが、結局実感できないのであまり意味がない。

 

なお、数字マニアでもある息子は超大歓喜であった。

 

元Excelはこれ

yambe2002/astral_body_sizes · GitHub